最近注目されている紙袋の使い方

紙袋

ショップで何かを購入すると、そのショップのロゴやイラストなどが描かれた紙袋に品物を入れてもらえます。その紙袋をショップバックと言ったりもしますが、この紙袋、家に帰った後、購入した品物を取り出した後の使い道として、セカンドバックのようにして普段使いする人も少なくはありません。最近の紙袋は持ち手も袋部分もとても丈夫にできていて、そういった使い道もできます。ショップとしてはそのように普段使いしてもらうことで、お店の宣伝にもなりますから初めからそういう効果を狙って作っているショップも少なくはありません。それだけクオリティが高くなってきているショップの紙袋ですから、色々なお店の色々な大きさのものを集めたりしている人もいます。今やショップの紙袋だけでネットオークションに出品されているぐらいですので、ショップの紙袋というのは、今やショップの顔です。

紙袋とレジ袋の機能の違いや使用方法の違い

アパレルやアクセサリー、雑貨店等の紙袋というのは、それ自体がすでにおしゃれで、セカンドバックとして持ってもその日の服装やその日に持っている鞄に邪魔しません。持っている紙袋が有名なブランドショップのものであれば、尚更邪魔をしません。ですが、レジ袋というのは殆どがスーパーでもらうものだ。最近ではスーパーでレジ袋を無料でくれるところはなく、購入しなければなりません。ドラッグストアや100円ショップなどでは品物を購入するとレジ袋に購入したものを入れてくれます。では、そのレジ袋は家に帰ってきて購入した品物を取り出した後、どのようにして再利用するか。それは、ゴミ袋として再利用することが多いはずです。では何故使用方法がこれほど違うのだろうか。それは、レジ袋は防水性が高く、生ごみなどを処理するのに適しています。ですが、紙袋は紙なので防水性は低いです。機能の違うものは使用方法を変えて使用します。

紙袋の無限の可能性とエコにもつながる紙袋

お買い物した際にもらう紙袋は、知らないうちに家の中に溜まっていることがあるのではないのでしょう。それはコレクションとして収集している人もいらっしゃいますが、たとえば誰かに何かを貸す時や、物をお裾分けする際の袋として活用する時など、紙袋の使い道は多数に渡ります。コレクションとして収集していない場合でも、紙袋というのはついつい家の中で溜めてしまいがちです。溜まり過ぎてしまった紙袋は、捨てずに他のことに活用しましょう。例えば、ショップのロゴやきれいな柄の部分を上手く活用し本のカバーを作成したり、引き出しの間仕切りとして利用したり、紙袋の紐の部分を上手に隠して紙袋を画びょうで壁に貼り付ければ、ポスターのような活用をすることもできます。いつも鞄の中に紙袋を畳んでしのばせておけば、エコバックとしての活用も可能です。