紙袋のおすすめの使い方を解説します

紙袋

身の回りには実にたくさんの種類の袋がありますが、種類によって特徴や使い勝手は大きく異なります。近年はスーパーなどでもらえるレジ袋をはじめ、エコバッグや風呂敷など環境に配慮したグッズの影響もあり、紙袋の需要が減りつつありますが、今でも洋服やアクセサリーをお店で購入すると、お店のロゴが入った紙袋に商品を入れてくれるお店も多いです。特に有名ブランドの紙袋は可愛いものやオシャレなものなどデザイン性に優れているものも多く、最近ではサブバッグとして持ち歩く人も増えています。また、活用次第でインテリアの一部にもなる紙袋は、近頃はSNS映えするとして女性を中心に収納グッズとして活用している人も増えているなど、紙袋は使い方次第でさまざまなアイテムへと変身させることができます。

紙袋とレジ袋との違い&メリット・デメリット

近頃はコスト削減のため、単価の安いレジ袋を導入しているお店も多いですが、レジ袋は紙袋と比べて柔らかいので、中に入れた荷物を守る力が弱かく、箱など角が尖ったものを入れると破れやすいなどといったデメリットがあります。一方、紙袋はレジ袋ほど耐久性には優れていないため、雨の日など水に濡れてしまうと破れやすいなどデメリットはありますが、レジ袋と比べて生地がしっかりしているので物を持ち運びやすいというメリットがあります。また、紙袋の場合は折りたたむことができるので、レジ袋のようにシワになりにくいという特徴もあります。その他にも、紙袋はデザイン・カラーバリエーションともに豊富ですが、無地の紙袋であってもリボンやシールで飾り付けすることで自由にアレンジすることができるので、プレゼントを渡す際の袋としても利用することができます。

SNSでも話題!紙袋のおすすめの活用方法

紙袋というとついつい捨てられずに取っているという人も多いですが、実はアレンジ次第でさまざまな便利グッズへ変身させることができます。例えば、紙袋の活用法としてまずおすすめするのが収納です。紙袋はデザインも豊富で、近頃は100円ショップでもデザイン豊かな紙袋がたくさんありますが、紙のナチュラルな素材感が意外にもインテリアとマッチすることから、最近ではSNSを中心に紙袋を収納に活用する方法が注目を集めています。また、サイズが大きめの紙袋であれば大きめのものの収納も可能で、トイレットペーパーやビールケースなど生活感のあるものもデザイン性のある紙袋に収納すればそれだけで生活感を無くすことができます。その他にも、紙袋をカットすればダストバッグや封筒、ティッシュカバーなど工夫次第でさまざまな使い方ができます。